読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たるみ解消を馬鹿にして人生を棒に振った人のお話

ノー天気OLがスキンケアに関するあれこれを毎日つづってます。

本日もヒマをもてあましてツルツル美肌になる対策の事をまとめてみる。

本日文献で調べた限りでは、「歳をとることや強烈な紫外線を浴びると、体内のあらゆる箇所に存在するコラーゲンは固まって代謝不能となったり量が低減したります。こういったことが、年齢を感じさせる肌のたるみ、シワが生まれる原因となるのです。」と、結論されていようです。

素人ですが、検索で調べた限りでは、「黒ずみなどが目立つ毛穴のケアの仕方を質問した結果、「高い毛穴引き締め効果を持つ良質な化粧水で手入れする」など、化粧水によって毎日のケアを行っている女性は質問に答えてくれた人全体の2.5割ほどにとどまるという結果になりました。」と、結論されていとの事です。

ところが私は「「無添加と書いてある化粧水を確認して使っているので安心だ」と軽く考えている方、その化粧水の何が無添加か確認しましたか?実際には、有害性があるとされる100種類以上の成分の中の1つを配合しないだけでも「無添加」と表示して咎められることはないのです。」と、考えられているそうです。

本日検索でみてみた情報では、「お肌の真皮と呼ばれる層の7割がコラーゲンから成り立ち、皮膚組織の骨組みの隙間を満たすように繊維状に密に存在しているのです。肌のハリを維持し、シワやたるみのない滑らかな肌を支える真皮部分を構成するメインの成分です。」な、解釈されていると、思います。

だから、日焼けしてしまった後に一番にしなければいけないことがあります。何と言っても、確実に保湿すること。これが何よりも重要になるのです。本当は、日焼けした直後に限るのではなく、保湿は毎日の習慣として行うことをお勧めします。」だといわれているらしいです。

本日色々集めていた情報ですが、「本当ならば、美肌効果を望むならヒアルロン酸を1日量で200mg以上摂ることがお勧めではありますが、ヒアルロン酸を含んでいる食品や食材はほとんど目にすることはなくて、通常の食生活より摂取するというのは簡単にできることではないのです。」な、いう人が多いようです。

こうしてまずは「全身のヒアルロン酸の量は乳幼児の時に一番多く、30代を過ぎると一気に減少していき、40歳代では赤ちゃんの時期と対比すると、50%以下にまでなってしまい、60代以降にはとても少なくなってしまいます。」な、考えられている模様です。

だったら、油分の入った乳液やクリームを控えて化粧水だけ利用する方も多いと聞きますが、このケアは大きく間違っています。保湿を十分に実施しなかったがために皮脂が多く分泌されることになったりニキビが出たりする場合が多いのです。」な、解釈されているそうです。

今日検索で調べた限りでは、「セラミドは肌をうるおすような保湿性能を向上させたりとか、皮膚から必要以上に水分が失われるのを阻止したり、外からのストレスや汚れや雑菌の侵入を食い止めたりするような働きを担っています。」だと結論されていそうです。

本日文献でみてみた情報では、「大多数の女性がほぼ日々つける“化粧水”。だからこそ余計に化粧水のクオリティにはある程度のこだわりを持ちたいものですが、気温の高い季節にやたらと目立つ“毛穴”のトラブルのケアにも化粧水の使用はとても役立つのです。」な、提言されているらしいです。